何の日12月5日【リハビリ&介護で役立つ会話術】アルバムの日

Pocket

リハビリや介護の現場では、

利用者さんや患者さんとの会話が大切!!

リハビリ中に話題がなくなって

会話に困ることがありますよね。

会話が苦手なリハビリ職や実習中の学生さん

デイケア・デイサービスの

朝礼や挨拶で何を話そうか

日々悩んでいる介護士さんへ、

【リハビリ・介護で役立つ、何の日会話術】

を紹介するので、

ぜひ参考にしてみて下さい!!

【12月:何の日カレンダー】

2
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

12月6日はシンフォニーの日(明日)

12月4日は血清療法の日(昨日)

スポンサードリンク

今日は何の日?:12月5日はアルバムの日

卒業アルバムで笑顔の人は生涯しあわせな人が多いって本当?

【デイサービス・施設での朝の挨拶】

おはようございます。

本日もよろしくお願いします。

今日12月5日は、

「アルバムの日」です。

なぜ「アルバムの日」かというと、

12月は1年の締めくくりの月ですよね。

5日は「いつか」、「いつの日か」となって、

「いつか時間ができたら」、

「いつか子供が大きくなったら」、

と後回しすることなく、

アルバム作りをしていただきたいと、

願いを込めて、

アルバムメーカーのナカバヤシという会社が、

12月5日を「アルバムの日」に決めたんだそうです。

もしアルバム作りを先延ばしにしている方がいましたら、

今日をきっかけにして、

アルバム作りを是非してみてくださいね。

楽しい思い出を振り返って、

きっと幸せな気持ちになると思います。

家族に見せれば、

家族も笑顔になるのではないでしょうか。

笑顔といえば、

アルバムに関して面白い話があります。

学校の卒業アルバムがありますよね。

その写真が笑顔で移っている人は、

生涯しあわせになる傾向になるそうです。

早く結婚ができて、

結婚生活も幸せで、

健康で長生きするなど、

しあわせな傾向になるんだとか。

アメリカの大学で研究されて、

発表されたんですが、

卒業アルバムで、

笑顔の人よりも

しかめっ面や無表情の人は、

離婚率が5倍だったという結果だったそうですよ。

潜在的に将来を暗示するのでしょうか!!

お孫さんが結婚する方がいたら、

「婚約者の卒業アルバムを見てみなさい」と、

アドバイスしてあげるとも良いかも知れませんよ。笑

冗談ですが、

あくまでも統計的な話なので、

面白ろおかしく聞いてくださいね。

笑顔は幸せなホルモンを出すと言われていますので、

笑顔でいると幸せで健康に長生きできるというは、

間違っていないかもしれません。

写真を撮るときは、

ぜひ笑顔をしてくださいね。

これからも幸せな毎日が

きっと過ごせると思います。

それでは本日も笑顔で、

よろしくお願いします。

アルバムの写真を使った回想法は、認知症やADLの改善に最適!

【リハビリ中の日常会話】

回想法ってご存知でしょうか。

過去の写真やアルバムをながら、

お話をすることで、

過去のできごとや思い出を振り返ってもらって、

心を穏やかに懐かしさに触れてもらう感じで、

心理療法として心の治療に役立っています

認知症にも効果があるということで、

高齢者施設では、

回想法を取り入れた遊びや運動をして、

認知予防をしたいり、

作業療法士などが認知症の治療に、

回想法を行うこともあります。

昔のおもちゃや家電製品、

昔の道具などを実際に触って行う方法もありますが、

過去のアルバムから思い出の写真をみながら、

お話しすることもあります。

特に認知症の方には、

10歳から15歳のころの記憶を思い出すことが、

重要だと言われています。

過去の最も楽しかったことを思い出すことで、

自尊心を取り戻すことができて、

認知症の改善に繋がると言われています。

若いころの記憶をなくすと、

日常生活の意欲がなくなり、

うつ傾向になる方がいます。

日常生活が自分でできなくなって、

気分が優れなくなるので、

記憶力や考える力がなくなってしまい、

認知症になってしまいます。

回想法は、

若いころの記憶を思い出すことで、

認知症を改善させて、

日常生活の自立を目指す治療法として、

とても良い方法なのです。

アルバムの写真から、

その人の大切な思い出を引き出して、

共感しながら聞き手として、

過去の記憶から、

その方の歴史や体験、

習慣やこだわりを深く理解してあげて、

その方の心や生活の援助をしてあげることが大切になってきます。

回想法は自分自身でもできる方法なので、

思い出のアルバムの写真をみて、

過去の楽しい気持ちを思い出して、

認知症の予防だけではなくて、

心の健康を維持していくためにも、

とても役立つ方法なんです。

家族と一緒に懐かしいアルバムを開くと、

より楽しくて良いと思います。

良かったら時々、

ご自身でも回想法を行ってみてくださいね。

【12月:何の日カレンダー】

2
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

12月6日はシンフォニーの日(明日)

12月4日は血清療法の日(昨日)

スポンサードリンク

Pocket