【介護・リハビリで役立つ,何の日会話術】12月17日は飛行機の日

Pocket

リハビリや介護の現場では、

利用者さんや患者さんとの会話が大切!!

リハビリ中に話題がなくなって会話に困ることがありますよね。

会話が苦手なリハビリ職や実習中の学生さん、

デイケア・デイサービスなどの朝礼や挨拶で何を話そうか日々悩んでいる介護士さんへ、

【リハビリ・介護で役立つ、何の日会話術】を紹介するので、

ぜひ参考にしてみて下さい!!

スポンサードリンク

今日は何の日?:12月17日は飛行機の日

飛行機の最大飛行距離と最大飛行時間はどれくらい?

【デイサービス・施設での朝の挨拶】

おはようございます。

本日もよろしくお願いします。

今日12月17日は「飛行機の日」です。

1903年(明治36年)のこの日に、

アメリカでライト兄弟が、

人類初の動力飛行に成功しました。

ライト兄弟という名前は、

聞いたことがあるのではと思います。

この日の最長飛行時間はというと、

少し短いと思うかも知れませんが、

59秒の飛行時間だったようです。

飛行距離は約260mだったそうです。

では現在の飛行機はどれくらい飛ぶのでしょうか?

その飛行距離はなんと、

2万1601kmも飛んだ飛行機があるそうです。

香港からロンドンまでを

約22時間42分の飛行時間で飛んだということですから、

ライト兄弟の初飛行と比べると驚きですよね。

ちなみにアメリカの大統領専用機は、

空中で燃料補給ができるそうで、

72時間連続飛行が可能だといわれています。

もし長距離飛行の記録を狙えば、

6万kmは軽く超えるのではないでしょうか。

地球1周が約4万kmですので、

現在の飛行機は地球1周半を飛べちゃうんですね!

ライト兄弟の功績があったからこそ、

飛行距離もどんどん延びていって、

私たちは国内や海外旅行が、

楽に行けるようになったんですよね。

ちなみに関係はないですが、

鳥人間コンテストはみなさん知っていますか?

琵琶湖で開かれる飛行大会です。

こちらは機会を使わない無動力の飛行大会なんですが、

人力プロペラ部門の飛行距離が、

どんどん延びてすごいことになっているんです。

動力は人間がペダルを漕ぐのみです。

飛行距離はなんと40㎞で、

飛行時間は1時間38分20秒という記録があるみたいです。

そのうち琵琶湖を超えて

京都まで行くんじゃないかと思っちゃいますよね!笑

今日は飛行機に乗った話や

飛行機で行った旅行先など、

お隣の人たちと話してみて下さいね!

それでは今日もよろしくお願いします。

飛行機で耳が痛くなった時の対処方法・予防方法を紹介しますね!!

【リハビリ中の日常会話】

飛行機に乗って離陸した時や着陸するときに

耳が痛くなることってありませんか?

これは機内の気圧が変化するためで、

鼓膜の奥にある内耳という部分に

空気が溜まっているんですが、

その内耳の空気が気圧の変化で、

膨張したり収縮したりするんです

内耳のなかに耳管という空気を入れたり出したり調節して、

耳の中の気圧を調節する管があるんですが、

急な気圧の変化があると耳管に蓋をする状態になってしまって、

耳の中の気圧の調整ができなくなってしまうことで、

痛くなったり、違和感を感じたりするのです。

飛行中に耳が痛くなった場合の対処方法を紹介しますね。

唾を飲み込むと耳管の空気が通りやすくなるので、

唾を数回飲み込むと痛みが改善します。

小さい子供などには、

飴やガムを食べさせて

自然に唾を飲むようにさせると良いですよね。

水分を摂るのも良い方法です

あくびをするのも耳管の空気が通りやすくなります。

耳抜きも良い対処方法になります。

まずは軽く息を吸い込んで、

鼻をつまみます。

口を閉じた状態で鼻をかむ感じで、

耳に空気を送り込むようにすると、

耳の痛みが改善します。

予防策としては、

風邪を引いたり、

花粉症などのアレルギーで鼻が詰まっていると、

耳管が詰まっている状態になりやすいため、

事前に服薬をするか、

点鼻薬を使用しておくと予防になります。

快適に飛行機を利用するために、

耳が痛くならないように対策や予防をしておくのは大切ですよね。

こちらの記事もぜひ読んでください!
↓↓↓

【リハビリ・介護で役立つ,何の日会話術】12月19日は日本人初飛行の日

今日は何の日?12月19日は日本人初飛行の日。「飛行機好きにはたまらない、「あいち航空ミュージアム」へ行こう!」、「飛行機雲はどうしてできるの?飛行機雲の次の日は雨?」、この話を紹介しますね。

スポンサードリンク

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする