11月27日【何の日リハビリ&介護コミュニケーション術】ノーベル賞制定記念日

Pocket

リハビリや介護の現場では、

利用者さんや患者さんとの会話が大切!!

リハビリ中に話題がなくなって

会話に困ることがありますよね。

会話が苦手なリハビリ職や実習中の学生さん

デイケア・デイサービスなど、

朝礼や挨拶で何を話そうか日々悩んでいる介護士さんへ、

【リハビリ・介護で役立つ、何の日会話術】を紹介するので、

ぜひ参考にしてみて下さい!!

【11月:何の日カレンダー】

2
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

11月28日はフランスパンの日(明日)

11月26日は、いい風呂の日(昨日)

スポンサードリンク

今日は何の日?:11月27日はノーベル賞制定記念日

ノーベル賞受賞者って誰がいるか知っていますか?

【デイサービス・施設での朝の挨拶】

皆様おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願い致します。

今日は11月27日ですね。

1901年(明治34年)のこの日に、

ノーベル賞の第1回授与式が行われたということで、

本日は「ノーベル賞制定記念日」となります。

ノーベル賞はダイナマイトを発明した、

アルフレッド・ノーベルの遺言により始まりました。

ノーベルには、

物理学化学生理学医学

文学平和経済学の6部門があって、

部門3までに毎年ノーベルが送られています。

現在授与式はノルウェーのオスロと、

スウェーデンのストックホルムで、

ノーベルの命日の12月10日に、

ノーベル賞の授与式が行われているそうです。

ノーベル賞がどんな方たちに贈られるかというと、

人類のためになる偉大発明発見をした方や、

すぐれた作品を作られた人たちですよね。

今までどんな方がノーベル賞を受賞したか

知っているでしょうか?

第1回に受賞されたのが、

みなさんも知っていると思いますが、

ドイツの物理学ビルヘルム・レントゲンです。

名前の通りレントゲンに使われるX発見した方ですね。

この方も有名です。

フランスのキューリー夫人こと、

マリー・キュリーが女性としては初めて、

ノーベル賞を受賞しました。

1903年に射能研究により物理学賞を受賞して、

1911には放射線すラジウムという物質発見して、

化学賞を受賞したのです。

初めてノーベル賞を2回受賞する偉業を果たしたのが、

キュリー夫人なんです。

ラジウムはがんの放射線治療に使われています。

1905年に結核菌を発見と治療法を研究して、

生理学医学受賞したのが、

ドイツの細菌学者ロベルト・コッホです。

それまでは結核が人に移ることが分かっていなかったそうで、

コッホの発見により、

結核の治療と予防ができるようになりました。

 

1921物理学受賞したのが、

相対性理論で有名なドイツの物理学

アルベルト・アインシュタインです。

相対性理論により原子力の利用が実現可能となりました。

日本めてノーベル受賞したのは、

1949年に物理学賞を受賞した湯川秀樹博士です。

中間子というものを発表して、

陽子中性子をつないでいる物質が

中間子だということを予測したそうです。

まだまだたくさんの方がノーベル賞を受賞していますが、

世界の科学の発展はノーベル賞があったおかげですよね。

ノーベルは世界の平和を願って

ノーベル賞を始めました。

これからも人類の発展や平和のために

たくさんの研究が続くと良いですよね。

それでは今日もよろしくお願いします。

ノーベル賞で発見された「PD-1」は分かりやすくいうと何なの?

【リハビリ中の日常会話】

2018年10月1日に、

京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)教授が、

ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

素晴らしい功績ですよね。

何を発見したかというと、

PD-1という免疫抑制効果をもつ分子をみつけたそうです。

PD-1

聞きなれない言葉ですよね。

説明すると難しいし、

難しくてうまく説明できないんですが、

分かりやすくいうと、

PD-1がん細胞のお助けマンみたいな細胞みたいです。

人間の身体にがん細胞ができると、

免疫細胞ががん細胞を攻撃してくれて、

がんにならないように守ってくれるんですが、

がん細胞のお助けマンであるPD-1が、

免疫細胞を疲れさせて、

がん細胞を攻撃できないようにしちゃうんです。

PD-1のせいでがん細胞は、

誰からも攻撃を受けなくなるため、

がん細胞が増えてしまい、

がんを発症しちゃうんです。

そのがん細胞のお助けマンである、

PD-1を発見したのが、

本庶佑(ほんじょたすく)教授なのです。

しかし、

このPD-1を発見しただけでは、

ノーベル賞は受賞できません。

本庶佑教授は、

がん細胞のお助けマンであるPD-1

やっつけられないかと考えました。

そこでオプジーボという抗がん剤を開発したのです。

これによりPD-1がんを助けることができなくなりました

本庶佑教授は、

がん細胞のお助けマンであるPD-1を発見して、

オプジーボという抗がん剤を開発したことで、

ノーベル賞を受賞されたのです。

PD-1がなんなのか、

なんとなく分かって頂けたでしょうか?

【11月:何の日カレンダー】

2
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

11月28日はフランスパンの日(明日)

11月26日は、いい風呂の日(昨日)

 

スポンサードリンク

Pocket