【リハビリ・介護で役立つ、何の日コミュニケーション術】1月31日は生命保険の日

Pocket

リハビリや介護の現場では、

利用者さんや患者さんとのコミュニケーションが大切!!

リハビリ中に話題がなくなって会話に困ることがあるよね。

コミュニケーションが苦手なリハビリ職や実習中の学生さん、

デイサービスなどの朝礼や挨拶で何を話そうか日々悩んでいる介護士さんへ、

【リハビリ・介護で役立つ、何の日コミュニケーション術】を紹介するので、

ぜひ参考にしてみてね!!

スポンサードリンク

今日は何の日?:1月31日は生命保険の日

高齢者でも検討が有効な生命保険2ケース

【施設での朝の挨拶】

おはようございます。

今日も皆さんよろしくお願いします。

今日、1月31日は生命保険の日です。

なぜ生命保険の日かというと、

1882年(明治15年)の年1月31日に、

生命保険で初めて受取者が出たんだそうです。

保険者は当時のお金で30円の保険料をかけたそうですが、

その後、心臓病で急死してしまい、

保険会社から1000円の保険料が払われたそうです。

現在の価値だと30円は12万円、

1000円は約4000万円ということなので、

保険会社は大損してしまったことになりますよね。

このことが当時の新聞に大きく報じられたことで、

生命保険が広く知られるきっかけとなったようです。

1882年(明治15年)1月31日に、

初めて保険金が払われたことを受けて、

生命保険のトップ企業の集りであるMDRT日本会が、

生命保険の日を記念日に制定したんだそうです。

生命保険には高齢者でも入れる保険があるそうです。

ですがあまり割が合わないといわれています。

70歳でも80歳でも入院保険や死亡保険はかけられるそうですが、

月々の支払いは入った年齢が高齢なほど値段が高くなります。

さらに持病や病歴があると値段がたかくなるようです。

そのため、高齢者の生命保険への加入は、

損をする可能性があるので

あまりお勧めできないのが現状だそうです。

高齢者でも検討が有効な生命保険が2ケースあります。

生命保険を利用して葬儀代金に充てるために加入するケースと、

生命保険を利用して相続税の税金対策を行うために加入するケースです。

保険金を葬儀代金に充てるケースでは、

お葬式の代金は家族に負担をかけたくないと思われる人は、

多くいるのではないでしょうか?

その場合に少額短期保険という、

掛け捨て型の定期保険があるそうです。

70歳以上だと月々2000円前後から入れるものがあるようです。

相続税を税金対策として生命保険を利用するケースでは、

非課税控除枠というのがあって、

現金でそのまま遺産金を相続する場合と、

生命保険に加入してから死亡保険のお金を受け取る場合とでは、

生命保険の方が大幅に減額されることがあるそうです。

遺産相続の金額が多い場合は、

検討をしてみても良いかもしれませんね。

生命保険はあくまでも保険なので、

もしもの時のことばかり考えずに、

元気で健康でいられることを考えて生活したいですよね。

それでは健康で元気な一日を送れますよう、

本日もよろしくお願いします。

認知症に対する保険が増えてきた

【リハビリ中の会話】

最近では認知症の方に対応する保険が増えてきたそうですよ。

認知症の方が外出先で事故にあったり、

車に乗って交通事故を起こして加害者になったりする可能性もあります。

加害者になってしまった場合は、

多額の損害賠償を請求される場合もありますよ。

認知症の男性が電車にはねられたことで、

720万円の損害賠償を求められた裁判もあったようです。

こういった事故や事件から、

認知症の本人や家族を守る、

認知症に対する保険が増えてきたようです。

主な保険の補償内容としては、

行方不明になったときの捜索費用(30万~100万)、

他人をケガさせたり、物を壊してしまったときの費用(1億円)、

認知症の本人がケガや死亡した場合(50万円)、

などがあるそうです。

今後人口の3割が高齢者といわれる日本で、

認知症の方が600~700万人になるといわれています。

こういった保険を活用して、

他人事でなく自分や家族のためにも

安心して暮らせるように考えていかなければいけませんよね。

併せて読みたい記事
↓↓↓

【認知症の基礎知識】分類・症状・経過・検査スケールについて勉強しよう!!

認知症は作業療法士にとって関わりの多い疾患だ。認知症の分類・症状・経過・検査スケジュールについて、基礎的なことをしっかり勉強しておこう!!

 

スポンサードリンク

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする