【リハビリ・介護で役立つ、何の日コミュニケーション術】1月21日は料理番組の日

Pocket

リハビリや介護の現場では、

利用者さんや患者さんとのコミュニケーションが大切!!

リハビリ中に話題がなくなって会話に困ることがあるよね。

コミュニケーションが苦手なリハビリ職や実習中の学生さん、

デイサービスなどの朝礼や挨拶で何を話そうか日々悩んでいる介護士さんへ、

【リハビリ・介護で役立つ、何の日コミュニケーション術】を紹介するので、

ぜひ参考にしてみてね!!

スポンサードリンク

今日は何の日?:1月21日は料理番組の日

「キューピー3分クッキング」の豆知識!!

【施設での朝の挨拶】

おはようございます。

本日もよろしくお願いします。

今日1月21日は、料理番組の日です。

なぜ料理番組の日だといいますと、

1937年(昭和12年)にイギリスのテレビで、

世界初の料理番組が放送されたんだそうですよ。

そして26年後の1963年(昭和38年)の

同じく1月21日にも

日本テレビで「キューピー3分クッキング」の放送が始まったんだそうです。

「3分クッキング」は現在も放送が続いている長寿番組ですよね。

ちなみに「3分クッキング」の名前の由来は、

3分で料理が作れるといういみではないそうです。

放送開始は5分の番組だったため、

5分以内で料理を紹介するためで

「3分クッキング」という番組名になったそうです。

現在は10分番組ですよね。

もう半世紀以上続いている料理番組ですが、

今まで放送されたレシピの数は、

なんと3万点以上なんだそうです。

3万食というと、

人間の一生分の食事量になるそうですよ。

驚きの数ですよね!!

「3分クッキング」は1週間分の放送を

1日で撮ってしまうそうなんですが、

毎回100人前の食材を集めるそうです。

リハーサルから本番用などいろいろと使用するそうですが、

すごい食材のりょうですよね。

「3分クッキング」は10分間の生放送なので、

失敗することも度々あるそうです。笑

卵焼きが焦げてしまったり、

盛り付けが雑になってしまったりすることもあるみたいです。

番組スタートからお馴染みのテーマ曲は、

「おもちゃの兵隊のマーチ」という曲なんですが、

当時の女性のディレクターが、

お付き合いしていた男性に

どんな曲が良いか相談したところ、

あのお馴染みのテーマ曲に決まったそうです。

この二人はその後に結婚されたそうです。

これだけの長寿番組だと、

たくさんのエピソードがあった面白いですよね。

みなさんもいろんな経験やエピソードがあると思います。

何千回、何万回も料理をしてこられた方もいるのではないでしょうか?

今日はそんなお話をみなさんで話していけたら良いなぁと思います。

それでは今日も楽しい一日にしましょう!!

チューボーですよ!やレストランの星3つってどういう意味?

【リハビリ中の会話】

料理番組の「チューボーですよ!」って知っていますか?

堺正章さんが司会をされていて、

1944年から22年続いた料理番組です。

ゲストと一緒に料理を作って、

ゲストが作った料理を星の数で評価する

面白い番組でしたよね。

この星をつけて評価するのが何から始まったか知っていますか?

3つ星レストランとか5つ星ホテルとか聞いたことありますよね。

実はこれ、フランスのタイヤメーカーであるミシェランが、

車のドライブに役立つガイドブックを作ったことが始まりなんだそうです。

星1つは「その分野において特に美味しい料理」、

星2二つは「遠回りしてでも訪れる価値がある極めて美味しい料理」、

星3つは「旅行しても味わいたいくらい卓越した美味しさの料理」

を表しているそうです。

このミシェランガイドという本に掲載されると

世界中から美食家たちがレストランにやってくるのですから、

星があるかないかで、

すごい店の評価が変わるんですよね。

星のついたレストランの料理が、

どれくらい美味しいのか一度行ってみたいものです。

「チューボーですよ!」の星の数は、

堺正章の独自の判断で、

明確な基準は決まっていないそうです。

料理を作るイメージがない人が上手に作ったら、

意外性で星3つをつけたり、

キレイな女優さんに星3つをつけたり、

料理を楽しむ番組でしたよね。

ちなみに研ナオコさんが作った肉まんは、

味がまったくしなかったため、

星が0だったそうです。笑

面白い料理番組があったのに

終わってしまって残念です。

スポンサードリンク

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする