【リハビリ・介護で役立つ、何の日会話術】10月1日はコーヒーの日

Pocket

リハビリや介護の現場では、

利用者さんや患者さんとの会話が大切!!

リハビリ中に話題がなくなって会話に困ることがあるよね。

会話が苦手なリハビリ職や実習中の学生さん、

デイサービスなどの朝礼や挨拶で何を話そうか日々悩んでいる介護士さんへ、

【リハビリ・介護で役立つ、何の日会話術】を紹介するので、

ぜひ参考にしてみてね!!

スポンサードリンク

今日は何の日?:10月1日はコーヒーの日

コーヒーの成分であるポリフェノールで得られる健康効果は?

【施設での朝の挨拶】

おはようございます。

本日もよろしくお願いします。

今日は10月1日は、コーヒーの日です。

1983年(昭和58年)に全日本コーヒー協会が、

コーヒーの日として制定したそうです。

コーヒーの年度始まりが10月1日でもあるそうですよ。

日本では秋から冬にかけてコーヒーの需要が高くなるようで、

コーヒーの収穫が終わる今の時期から、

コーヒー作りが始まるそうです。

コーヒーを朝に必ず飲むという人がいるのではないでしょうか。

コーヒーには集中力を高めたり

眠気覚ましとしても効果が期待されますよね。

それ以外にもコーヒーには、

健康に良い効果がたくさんあるみたいです。

ダイエットにも効果があるし、

便秘解消、がん予防、利尿作用、認知症予防、

ストレスを発散してリラクゼーションの効果もあります。

二日酔いにも良いそうですよ。

コーヒーに入っているポリフェノールが

健康に良い成分だと言われています。

ポリフェノールは、老化や生活習慣病などを予防してくれるそうで、

血液をサラサラに保つ役割があって、

動脈硬化を押さえてくれるので、

脳梗塞や心筋梗塞などの病気からも守ってくれるようです。

その他にもポリフェノールの効果として、

血糖値の上昇を抑制したり、

血圧改善をしたり、

内臓脂肪の減少だったり、

たくさんの健康の効果が確認されているそうです。

気をつけていただきたいのが、

あまり飲みすぎるとインスリンの動きが鈍くなって、

糖尿病になるリスクがあるそうです。

カフェインと摂りすぎから頭痛が起こることもあります。

最近ではノンカフェインのコーヒーも販売されているので、

身体に合ったコーヒーを飲むとが良いと思います。

1日に3倍程度を目安に飲むと、

コーヒーによるリラックス効果や

その他の健康効果がいっそう期待できて良いみたいですよ。

それでは本日もよろしくお願いします。

 
 

認知症予防にコーヒーのカフェインが効果的!?

【リハビリ中の会話】

コーヒーって飲まれますか?

私は毎朝、1杯飲んできます。

1日の始まりに飲むと、

リラックスできて良いですよね。

最近ではコーヒーを飲むことで、

認知症の予防が期待されているそうですよ。

コーヒーのカフェインには

眠気を予防する覚醒効果だったり、

集中力を高める効果がありますよね。

このカフェインが認知症の予防になるといわれているそうです。

1日3杯以上コーヒーを飲んだ人は、

2杯以下しか飲まない人に比べて、

認知症の発症リスクが60~65%低下したという研究結果もあるようです。

コーヒーが好きな方にとっては嬉しいですよね。

ただあまり飲みすぎると、

逆に認知症を悪化させるという話もあるみたいなので、

リラックスできて楽しみのひとつとして、

コーヒーを飲んでいけたらいいですよね。

スポンサードリンク

Pocket